リバウンドしないための食事制限方法

ダイエットのために食事制限をする人は多いですが、食事制限のやりすぎはリバウンドのリスクを上げてしまいます。リバウンドしてしまうと、ダイエット前よりも体重が増えてしまうことがあり、せっかくの努力が水の泡になっていまいます。ただ体重を減らすことだけに注目するのでは無く、リバウンドしない食事制限のダイエット方法を選択するのがポイントです。急激に痩せようとするのではなく、毎日体重をはかり、記録をつけながら徐々に痩せていくダイエット方法です。日々、習慣にして体重を計測することで、今の自分の体が停滞期に入っているかどうかがわかります。本来、急激な変化は避けたほうが好ましいため、体重が減りすぎた時にはリバウンドするように人体はできています。ダイエットのためにと、食事制限をやりすぎると、生命維持に必要なエネルギー供給が途絶えて、緊急事態が起きていると判断されます。この生命を維持するための機能はホメオスタシスと呼ばれていて、ダイエットしてもなかなか効果が出ない停滞期となります。停滞期は、約1か月続くとされ、ダイエットをあきらめ、前と同じぐらいの食事量であっても消化しきれないエネルギーが体内に残ってしまい脂肪となるため、体重が増えます。毎日記録に残すことで、停滞期だとすぐにわかるため、精神的に焦らずにすみ、リバウンドが起こった場合でもすぐに気が付くことが可能です。自分の体重の推移を可視化できる状態にしておけば、今は体重が減りづらいから痩せにくくなったのか、ダイエットをさぼったせいかもわかります。カロリー制限はダイエットを成功させるためにはとても大事なものですが、食事制限をやりすぎるとリバウンドや、健康を阻害する原因になります。迷っている人におすすめしたいサイト